「誰かの血に染まった服を着てほしくない。」という言葉の重さと、あなたの「消費」は誰かへの暴力になっていませんか?の話。(「ザ・トゥルー・コスト:ファストファッション 真の代償」を観て、の話。)

社会という言葉を聞いて思い浮かんでいたのは東京でした。広く、高いビルが連なり、大勢の人がすれ違い、ひとりひとりの仕事に追われる場所。 それが変わったのは、明確にいつ、というわけではありませんが、最近のこと。 私にとっての社会は「今、生きている場所」です。そこには知らないひとがいません。大切な大切な私…